保険では、直接契約する方法と窓口を経由する方法があります。料金としては、同じ商品なら同じになります。

保険について直接契約と窓口契約の料金
保険について直接契約と窓口契約の料金
Topics
保険について直接契約と窓口契約の料金

保険について直接契約と窓口契約の料金

旅行をする時、鉄道なら切符、航空機なら航空券を購入することになります。方法としては、駅や飛行場などを利用することになるでしょう。最近はインターネットから購入することもできるようになっています。これらを利用する場合、正規の料金になっています。特に下がっているわけでもなく上がっているわけでもない普通の料金です。一部において、早めに予約をすることで安くなることもありますが、1箇月ぐらい前に予約をすると安くなる程度です。回数券を使うと安くなることもありますが、何度も利用しません。こういったところで買うより、旅行会社で購入したほうが安くなることがあります。同じ商品なのに不思議な事があるものです。できるだけ安いところを選びたくなるでしょう。

保険についてはどのようにして契約することになるでしょうか。まずは直接契約があります。外交員さんに見積もりをとってもらい、そのもとで契約をする方法です。インターネットから直接契約もできます。インターネット専業の会社の場合、同じレベルの保障であれば、通常の会社よりも割安になっていることがあります。経費がかからない分、下げることが可能になるそうです。自分で複数の会社を比較しながら考えるのも良いでしょう。その他に、窓口を利用する方法があります。ファイナンシャルプランナーなどが対応してくれて、特にどの会社のものを売り込まれるわけではありません。コチラにとって最も良い物を組み合わせてくれます。生命と医療で別会社になることもあります。

いざ契約をするときには、どちらのほうが料金が安くなるのでしょうか。基本的には、どちらで契約しても同じ金額になるとのことです。ただし、会社のほうで法人契約をしている会社がある場合、団体料金が適用されることがあります。その時には、全く同じ商品なら団体料金を利用したほうが安くなることがあります。と言っても、大きく差が出るものではありません。それを考慮しても、他の会社の商品が安いなら、そちらを選んだほうが得です。
Copyright (C)2016保険について直接契約と窓口契約の料金.All rights reserved.